新庄・最上の四季<冬>
冬は晴れる日が少なく連日の雪に気が滅入る事もありますが、晴れた日に見せるきらきらと光る雪には心奪われるものがあります。 神室連峰の南端に位置し、新庄市街の正面に位置する。 新庄市民にとって市の象徴的な山である。 山頂からは新庄盆地を一望でき、遠くに鳥海山・月山・葉山を望むことが出来ます。手頃の山の割にちょっとした沢や雪渓(5月下旬ぐらいまで)を歩くことができます。 夜中の2時頃から道路やスーパー、公共施設の駐車場など各場所で除雪作業が始まります。どんなに雪が降っても滞りなく生活できるのも朝早くから除雪作業をしてくれる方々のおかげです。
新庄・最上の四季<春>
山形県最上地方は晴れた日が多くなってきました。まだ朝方はかなり冷え、木に霧氷ができる日があり、桜のようにとてもきれいです。本物の桜が咲くのが待ち遠しいこの頃です。 山形では旧暦で行われているひな祭り。現在、新庄ふるさと歴史センターでは高さ70cm近くの国内最大級の享保雛が展示されています。これは新庄藩主 戸沢家ゆかりの雛人形です。近代的な雛人形しか見たことのない子供にとってはきれいというより怖いようで、泣きべそをかきながら見ている子もいます。
新庄・最上の四季<春>
会社の敷地内で野ウサギ発見!機械の下で休憩中??よく見るとおなかが大きく妊娠中のようです。敷地内でウサギを見れるのは稀なことで春を感じることができました。丈夫な子供が産まれますように。 山形はようやく桜が満開になりました!桜の木が立ち並ぶお堀の隣にはスポーツ公園があり、冬の間遊具を使えなかった子供たちがようやく来た春を楽しんでいます。
新庄・最上の四季<春>
山菜の宝庫 山形のわらびは、日本一の生産量を誇り、春の野山で芽を伸ばす姿に出合うと、心が弾みます。自然が相手だけに、集めたわらびは大きさにもばらつきがある上、鮮度保持も難しく後処理も大変です。県産のものは、ぬめり成分が強くて柔らかく、首都圏でも「上物わらび」と評判です。 この笹竹(ささだけ)という山菜はご存知でしょうか?東京でも、ちょっと小洒落たスーパーだど春になると「姫竹」とか「ネマガリダケ」という名前で売られていたりします。たくさん取れた日は、家族総出で皮むき作業をし、すぐに大鍋へ。瓶に詰めて保存します。