新庄・最上の四季<冬>
JR新庄駅東口かむてん公園にて冬季限定のテーマパークが出現!バナナボートやそり遊び、スノーモービルの乗車体験など子どもから大人まで雪国ならではのアクティビティが楽しめます。 今季最大330pの積雪を記録した大蔵村肘折。雪に慣れた山形の子供でも思わず見上げてしまいます。立春とはいえまだまだ東北の春は遠いです。
「雪解けて村いっぱいの子供かな」(一茶)
新庄・最上の四季<春>1
新庄市郊外からは出羽三山(月山、羽黒山、湯殿山)の主峰月山を見ることができます。月山は臥牛山(がぎゅうざん)ともいわれ、牛が寝そべっているように緩やかな山すそを引いています。山頂には月山神社があります。 鳥海山は山形県と秋田県の県境にあり、日本海に面しています。またの名を出羽富士と呼ばれ、周辺の人々の守り神として古くから崇められています。
新庄・最上の四季<春>2
冬の終わり?早春を代表する山菜「ふきのとう」は、雪解けを待たずに顔を出す、春一番の山菜で、「春の使者」とも呼ばれています。独特の香りと苦みがあり、最上地方では味噌と合わせる【ばっけ味噌】という料理があります。 庭のシンボルツリーとしても人気の木です。春の訪れとともにハクモクレンの花が開くと、あたりが一気に華やぎます。こちらは、歯医者さんの脇に植えられていました。 山々の雪が解けて土の下からたくさんのつくしが顔を出し始めました。
ここで一句

雪解けに 野から顔だす
つくしんぼ   井上
新庄・最上の四季<春>3
お堀を囲む300本ほどの桜並木もさることながら、お堀の水面に浮かぶ桜の花びらも楽しむことができます。そもそも城址に桜が多いのは明治の廃城令がきっかけで、その後公園として開放される事が多く市民に親しみのある桜が多く植えられたと言われています。 戸沢神社境内では「新庄カド焼きまつり」が、5月5日(祝)まで開催。豪雪地帯である新庄市では、雪解けとともに入荷するカド(ニシン)を焼いて、酒を飲みかわしながら見頃の桜とともに春の訪れを喜んだといわれており、今では新庄の春の風物詩となっています。
新庄・最上の四季<春>4
芭蕉乗船の地は、芭蕉と曾良の一行が奥の細道の旅の途中、船に乗り込んだという場所で、新庄東山焼きで制作された芭蕉と曾良の銅像が立っています。
五月雨を集めて早し最上川(芭蕉)
山菜シーズン真っ盛りです。今回は「こごみ」「こしあぶら」「笹竹」「タラの芽」を収穫したものを撮影しましたが、山にはまだまだたくさんの美味しい山菜があります!